馬主会について

会長挨拶

瀬山孝一

 船橋競馬の平成30年度の売得金実績ですが、前年度と比較して、1日平均10億4千万円、年間では581億円で8.7ポイントの上昇と過去最高を更新したところです。

この勢いは、JRAのネット投票とナイター開催によるものが要因となっているのは間違いのないところだと思います。

このような状況の中、若駒の確保は馬主会の重要な役割であり、今年度の新馬助成は1頭100万円に拡大していただいたところです。

一方、強い馬づくりのための、せり助成の拡充については、馬主会単独事業も視野に入れて、来年度の実現に向けて検討してまいりたいと考えております。

何はともあれ、馬主経済を良化するため、賞金や手当等、

特に川崎競馬場と格差が生じないよう主催者と協議してまいります。

喫緊の課題である本場来場者増加のため、ハード面では、スタンドの改修を含む早急な施設整備の検討の中で、ソフト面では競馬場の魅力アップのため、馬主会もその一助を担ってまいります。

結びになりますが、関係諸団体と連携を図りながら、この馬主経済にとって、良い状態を維持できるよう積極的に基盤整備を図ってまいりたいと考えております。

令和元年6月1日
一般社団法人 千葉県馬主会会長 瀬 山 孝 一

 

馬主会について
会長挨拶
概要
役員および委員会
定款
馬主会入会のメリット