馬主会について

会長挨拶

瀬山孝一

 
 船橋競馬の2019年度の売得金実績ですが、3月開催の第12回13回を新型コロナウイルス対策のため、無観客競馬として開催しました。

 開催日数が3日多い59日だったこともありますが、1日平均10億4千万円、前年度と比較して、年間では675億円、16.1ポイントの上昇と過去最高を更新したところです。
 入場者数にしても、前年比13.3%の増加となっています。
2020年度になっても、無観客競馬が継続していますが、ステイホームの好影響でしょうか、ネットの申込みが約3割増えたこともあり、売得金はかえって増加しているようです。
 このような状況の中、昨年度から「強い馬づくり」」に馬主会の事業をシフトしていますが、今年度は、さらに自主事業である「奨励馬事業」をスタートさせました。
 
 今年度は、年会費の改定も提案させていただきました。
馬主経済をさらに良化するため、面白い番組つくりや賞金や手当の改善に積極的に取り組んでまいります。
 
 また、2020年6月から3年半ほどかけて、スタンド改修が行われます。
その間 馬主席を5階に移設することになり、皆さんにご不便をおかけしますが、立派なスタンドに生まれ変わる日を楽しみにしていただければと思います。

令和2年6月1日
一般社団法人 千葉県馬主会会長 瀬 山 孝 一

 

馬主会について
会長挨拶
概要
役員および委員会
定款
馬主会入会のメリット