馬主会について

会長挨拶

瀬山孝一

船橋競馬の平成29年度売得金実績ですが、前年度と比較して、1日平均9億5千万円、年間では544億円で7ポイントの上昇、入場者は1日平均3,300人と8.6ポイントの上昇となりました。

この勢いは今年度も続いており、5月開催では、これまでの記録を全て塗り替えました。

かしわ記念、東京湾カップの1レース記録

かしわ記念開催1日記録、5月1開催記録の4つの記録です。

この勢いは、JRAのネット投票とナイター開催によるものが要因となっているのは間違いのないところだと思います。

これを受け、主催者の千葉県競馬組合の理解もあり、平成30年度は

(1)【新規事業】として馬主確保を目的とした「新規馬主加入促進事業」を実施いたします。

(2)「入きゅう支援事業」として、若駒の確保のための助成金の拡大を実施(1頭60万円⇒70万円を120頭)
(3)「馬生産振興対策費」として、せり購入助成の予算額を大幅に拡大します(100万円上限40頭⇒55頭)

そして、この勢いを本物にするためには、ファンの望んでいる「強い馬づくり」と「面白い番組づくり」をオールふなばしで検討していく必要があります。

また、競馬場そのもの自体を「楽しめる空間」つまり、エンターティメント化させるなどして、平成3年度以降の二の舞を踏む前に手を打つ必要があると思います。

いずれにいたしましても、私達 馬主会は、関係諸団体と連携を図りながら、この馬主経済にとって、良い状態を維持できる基盤整備を図ってまいりたいと考えております。

平成30年6月1日
一般社団法人千葉県馬主会会長 瀬 山 孝 一

 

馬主会について
会長挨拶
概要
組織図
役員および委員会
定款
馬主会入会のメリット